昼間のパパブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

明日最後のパパをアップしま~す!

こんにちは!(いや、こんばんは!・・・ですが)
いつも、いつも素晴らしい企画をありがとうございます。
関西PGCの長谷川です。

PGCに入会して、○年。
たくさんの勉強会、セミナー、自己啓発・・なるべく欠かさず受講してきましたが、
今回の「昼間のパパ撮影」ほど、気づきの多い勉強は初めてです。

それは、一人撮影するだけでも、感じました。
そして、また次、また次とトライして行くと、びっくりするぐらい自分の考えが深まりました。

実は、近くの、あるお店のパパを撮影勧誘に行きました。
「いいよ!」と即答を頂き、後日撮影に行きました。
お客様とにこやかに会話されていて、表情も豊かなパパさん。
すぐに、素晴らしい表情の、好きな写真が撮影でき、アンケートを渡して帰りました。

数日後、アンケートを受け取り、店に帰って開けると・・・
写真のエントリーに必要な、パパからの想いの部分が、すべて空白でした・・・
ショックでした・・その60代前のパパにとって、もう成長された子供さんや、家族への想いを綴るのは
色んな意味で、今はありえない時間なのでしょう・・

さあ、私は、どうしたらいいのだろうと。
もう一度行き、パパに無理につっこんで、筆記するべきか・・
そうしたら、家族への愛情を思い出し、それをするのが、昼パパの本来の意味になるのか?
人の感情を乱すかも?それはおせっかいなのかも?
そのまま、「なし」で出すのも、今のパパの表情なのかも??

そんなことを、考えられる機会は、この昼パパしかありませんでした。
もちろん、大顧客さん宅にも行き、がんばって撮影できると、
「ああ、やっと、今まで何度となく、頂いた金額の、お礼ができた~」と嬉しくなったり。
「私、この方が万一この世を卒業される時には、多分号泣するな・・」と感動したり。

いや、ほんと素晴らしい時間でした。企画が終わっても、続けたいなぁと思えるぐらい
人を撮影する醍醐味教えていただきました。

長々とすみません。
取り急ぎ、お礼まで!(^^*)
長谷川久代

  1. 2010/07/31(土) 00:04:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<昼パパブログ (阿那バージョン)第7弾いきます! | ホーム | メディアリリース☆>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hirupapa.blog129.fc2.com/tb.php/34-4c434943
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。